不動産FAQ よくある質問

売却の際に知っておきたいこと
今すぐではなく、ゆくゆくは売却を考えています、何かしておくことはありますか?

今すぐではなく、ゆくゆくは売却を考えています、何かしておくことはありますか?

住み慣れた家や、子世代に譲りたい土地など、愛着のある不動産は大切にしたいですよね。

中古住宅の場合、住みたいと思える家に。

中古住宅の場合は、駅から近い、人気の学校区にある、駐車スペースが2台あるといった土地の利点。
また、日当たりが良い、築年数が浅い、長期優良住宅である、といった建物に備わっている利点。

そして、定期的にメンテナンスされている、室内が丁寧に使われている、といった「住まい手が大切に住んでいた」ということもひとつのアピールポイントになります。

「どうせ、もうすぐ引っ越すんだから」と放置せず、誰もが住みたいと思ってもらえるような状態に保つことも、売却時に有効です。

土地は管理を依頼し、所有権を持っておくことも、ひとつの選択肢

所有地が離れた場所にあり、なかなかメンテナンスが難しい場合は、管理を委託するということも考えてみてください。

MAI不動産では、土地の管理も承っております。
該当地に、当社の「管理地看板」を設置いたしますので、土地に対する連絡は当社で受け付けし、定期的な見回りなどの対応も可能です。

なかには「この土地は、売っていないの?」という問い合わせが入る可能性もありますので、もしゆくゆくは売却を…と考えていらっしゃる場合、買い手へとおつなぎすることもできます。

ご売却を見据えたご準備を

不動産のご売却には所有の不動産の情報が必須になってきます。

法規制や制限などは不動産会社が調査をしまとめてくれますが、

土地・戸建の権利証・固定資産税評価証明書・以前に購入した不動産なら当時の売買契約書などの取得時に得た資料・

ローンなどの残債がある場合は住宅ローンの返済計画表などオーナー様にご準備していただく書類があります。

また敷地境界線に境界杭があるかの確認。

近隣との申し合わせ事項(口約束)やトラブル等があれば整理しておきましょう。

そういった内容も全てお手伝いさせていただきますので、御頼りください。

買う

物件・土地の購入をご検討されている方へ

売る

土地・不動産の売却・管理をご検討の方へ

イエウール
ページの先頭に戻る